• 墓じまいを検討中ならば埼玉の専門業者へ

    日本では一般的に亡くなられた人をお墓に埋葬して子孫が代々供養をしていくのが慣習となっています。

    しかし、少子化がよく話題になっていることからも分かるように、出生する子供数は減少しています。
    そのため、せっかく先祖を供養するためのお墓を持っているのも関わらず、将来的にお墓を守っていく後継者がいないという家庭も少なくはありません。仮に将来的にお墓を守ってくれる後継者が途絶えてしまった場合、最終的には墓守のいないお墓となってしまいお墓は撤去されてしまうことになります。

    そして、無縁仏としてほかの無縁仏となった人たちの遺骨を一緒に埋葬されることになります。

    そのような事情から近年ではこれまで先祖を供養していたお墓を墓じまいする家庭も増えています。


    墓じまいとはそれまでお墓に入っていた遺骨を納骨堂や散骨、合祀をすることとなります。



    このように先祖の遺骨を墓じまいして改葬をすれば将来的にお墓を守ってくれる後継者が途絶えたとしても永久的に供養は行われるので安心です。

    YOMIURI ONLINEのお役立ち情報はこちらのサイトです。

    ただし、墓じまいをして改葬をするには法律に則った手続きをしなくてはなりません。



    万が一、自己流で遺骨を処理してしまうと罪に問われる事態となってしまいます。

    そのため、埼玉で墓じまいをすることを検討しているのであれば、埼玉の専門業者に相談をしてみるようにしましょう。
    埼玉には納骨堂や永代供養のお墓などがたくさんあるので、専門業者ならば希望に合った遺骨の処理方法をアドバイスしてくれるはずです。