• 墓じまいを選択する人が増えている千葉

    核家族世帯が多い首都圏では、近年、墓じまいをする人が増えています。


    千葉エリアでも、子孫がいないなどの理由で、先祖代々の墓所を墓じまいする傾向が強まっています。


    墓じまいは、単に墓石の撤去や墓地区画を整理するだけではなく、各種の届け出や手続きが必要となります。もちろん、ご先祖様の遺骨の引き取りや改葬も必要となります。



    墓石を撤去するにあたっては、「魂抜き」と呼ばれる供養をして墓石をただの石に戻す法要が必要となり、その石を運び出して引き取ってもらうのは石材店に依頼しなくてはなりません。納骨されていた遺骨を引き取って、寺院や霊園に墓地区画の返却手続きを行う必要もあります。
    また、地域の行政への申請手続きも必須です。

    すべての交渉や手続きを滞りなく行うのは、個人ではかなり大変ですので、それらの代行を請け負う業者が、千葉でも増えてきています。


    墓じまいは各種手続きが煩瑣な上、寺院など墓地管理者とのトラブルも少なくないため、その辺りの事情にも詳しい業者に依頼したほうが安心と言えます。また、先祖代々の墓所が無くなることに強い不安を覚える親族からクレームが来たり、お墓から取り出した遺骨の扱いや今後の供養などについて揉めてしまうこともあります。

    ビジネスジャーナルに関して悩んだら、是非お試し下さい。

    墓所区画や改葬の費用負担についても、計画した本人の全額負担か、親類縁者と費用を出し合うのかなど、事前によく話し合っておくことが肝心です。



    千葉エリアでは、墓じまい後の改葬先として、合祀の永代供養墓や、樹木葬、海洋への散骨を選ぶ人も増えています。


    お墓がなくなった後の供養のあり方も、親族間で納得の上、決めることが大切です。