• 墓じまいが増える傾向の千葉

    シングルや核家族世帯が多い千葉エリアでも、墓じまいが注目されています。


    継承者がいない状態で何年も放置されたお墓は、結果的に無縁仏として撤去されますので、自分の代で墓所をきちんと整理したいと考える人が増えたこともあります。

    快適な暮らしを実現するための神奈川の永代供養情報収集ができます。

    墓じまいを実際に行うには、納骨されている遺骨を引取って墓石を撤去、墓地区画を寺院や霊園に返却するといった手続きを踏まなくてはなりません。


    墓所がある地域の行政へも各種の届け出が必要ですし、お墓から取り出した遺骨の改葬もしくは供養の方法も決める必要があります。墓石のほうは、魂を抜く法要を行って普通の石に戻した上で、石材業者に撤去作業をしてもらわなくてはなりません。

    こういった一連の大変な手続きや作業などは、個人ですべてを円滑に行うのは困難なため、千葉県内でも一括で代行を請け負う業者が増えています。

    人気のロケットニュース24について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

    墓じまいにあたっては、寺院などから高額の離檀料を請求されるなどのトラブルも心配されますので、経験豊富な業者に相談のうえ任せるほうが無難と言えます。

    また、先祖代々の墓所を無くすということで親戚から不満が出たり、墓所を整理する費用を誰が負担するのかで揉めてしまうこともあります。

    この点は業者でも解決は難しいので、一人で何もかも決めていきなり実行するのではなく、家族や親戚一同のあいだでしっかり話し合って、合意のうえ行うことが肝心です。



    墓じまい後のご先祖様の遺骨を改葬する方法も、近年、樹木葬が行える霊園が増えた千葉では、永代供養墓としての樹木葬区画に散骨するケースが見られます。


    家族や親族の誰もが納得できる形の墓じまいを選びたいものです。

  • 納得の情報

    • 核家族世帯が多い首都圏では、近年、墓じまいをする人が増えています。千葉エリアでも、子孫がいないなどの理由で、先祖代々の墓所を墓じまいする傾向が強まっています。...

  • 儀式の話

    • 会社で転勤をした先、あるいは結婚で移った相手の故郷に終の棲家としてのマイホームを建てるなどといった場合、先祖代々の土地から離れることになります。こうしたときに問題となってくるのが、先祖代々のお墓をどうするのかということです。...

  • わかりやすい情報

    • 日本では一般的に亡くなられた人をお墓に埋葬して子孫が代々供養をしていくのが慣習となっています。しかし、少子化がよく話題になっていることからも分かるように、出生する子供数は減少しています。...

  • 儀式の重要知識

    • お墓は先祖代々受け継ぐものだとされてきました。しかし社会情勢の変化から、お墓を継承する人がいなくなったり、お墓を維持することに経済的な負担を感じることが増えてきました。...