福祉車両がリースが便利

###Site Name###

福祉や介護の現場では利用者や家族の負担を減らすためにも、福祉車両は必須です。

福祉車両は、車椅子に座ったまま車に乗り降りしたり、座席と車椅子を移動しやすくしたりできる車で、特殊な機能がついているためにリースがお得です。
福祉車両の種類はいくつかありますが、いろいろなリース会社でレンタルできるのは3種類あります。


スローパーは、車の後部にスロープをつけて、車椅子のまま乗り降りする事ができます。


機種によって、モーターも付いているので、付き添いの人の負担が減らせるものもあります。



リフトアップは、車に設置されたリフトが動くので、車椅子に乗ったまま楽に乗り降りできます。

福祉車両のリースの最新情報が揃っています。

リモコンスイッチ一つで操作ができるので、とても簡単です。昇降シートは、車の座席が外側に出るように設計された車です。


乗り降りするときには、車椅子からは一度乗り降りしなければいけませんが、自分の足で立つことができる利用者の方に動いていただく良い機会ともなります。
車の大きさは、大きなワゴン車や、小型のワゴン車、コンパクトカーなどいろいろあるので、利用人数や地域の道路状況などに応じて使いやすい大きさの車を選ぶことができます。

お手軽さが魅力のYahoo!ニュース情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

リース会社はたくさんありますが、福祉や介護の現場では厳しい安全・安心が求められるのでメンテナンスや整備がきちんと行き届いているところがおすすめです。
また、多忙を極める現場に対応出来るよう、様々なトラブルを想定した上で、素早く柔軟な対応をしてもらえるかも確認しておきましょう。


オプションとして、利用者の送迎ルートを提案してくれるサービスなど便利なものもあるので、資料をもらうなどしてしっかり検討し、納得できるリース会社を選ぶことが大切です。